オフィスの移転を視野に入れる動機として、更新の時期が近かったり、業績の向上、事業の拡大などが挙げられます。ですが、オフィスを移転するのは大きな労力と時間が必要となりますので、移転をするメリットなどを鑑みる必要があります。実際、移転がもたらすメリットとして、どのようなことが考えられるのかをこちらではご紹介していきます。移転をすることで、社内的には業務の効率性がよくなったりコスト削減を見込めます。また環境が変わることで社員のモチベーションの向上などが期待できるという面もあります。また社外的にも、よりよい立地などにオフィスを構えることで、対外的な印象もよくなります。オフィス移転の目的は、問題点や目的を解消したいという企業が多いと思います。移転がプラスに働くように、現状の問題点を明確にすることで理想のオフィスというものが見えてきます。

オフィス移転で得られるメリットについて

オフィスを移転することのメリットはいくつかあります。まずは大幅なコストカットが見込めます。例えば、通勤の利便性が高い立地ですと、社員の通勤時間にも影響します。通勤時間が短くなることで業務に時間を回せますし、社員の交通費も抑えることも期待できます。また企業によっては、業務拡大に伴い人材増員となり複数のオフィスを持つ場合がありますが、やはりコストがかかってしまいます。移転を機にひとつに集約することで、コストカットになりますし、部署ごとの繋がりが生まれ業務においても生産性が上がるでしょう。そして、対外的な見え方も変わってきます。好立地な場所に構えることで印象も良くなりますし、今後の取引もしやすくなります。また求人においても立地は重要です。通勤場所は就職希望者にとって企業選びのひとつになりますし、オフィスの雰囲気も見られるポイントです。優秀な人材を確保することも可能となります。

新しいオフィスをスムーズに探す方法

オフィスを移転する理由を明確にし、それからオフィス探しを始めるといいでしょう。たとえば、社員増員に対応するための移転でしたら、現在の物件の収容人数よりも多いオフィスが必要です。コストカットを目的とし賃料が安いとの理由で郊外を検討している場合は、少し注意が必要です。郊外にオフィスを構えると社員の交通費がかさむ可能性があり、結果的にコストカットには繋がらないということも考えられます。オフィスの魅力と移転先のオフィスに求めるものが合致することが何よりも重要になります。賃貸オフィスを扱う仲介会社を利用すると、希望にあったオフィスを紹介してもらえます。より効率よくオフィスを探したいのなら、複数の仲介会社を利用することをオススメします。情報量や営業力の高さ、契約後のフォローなど仲介会社ごとに比較できるので、オフィス選びの参考になります。