オフィスを賃貸で借りている場合、およそ3から5年で更新のタイミングがやってきます。そのタイミングでオフィスを移転する企業も多く存在します。しかし、オフィスの移転をすることは単に更新という事務的な要因だけがすべてではありません。オフィスの移転には様々なメリットが存在しますが、まずは、移転に掛かる費用について説明します。移転に関わる費用は大きく分けて「退去費用」「引越し費用」「新規開設費用」の3つです。退去までに掛かる費用は、原状回復工事費と明け渡しまでの家賃です。引っ越し費用は旧オフィスから新オフィスに移動する際に掛かる費用です。一番掛かるのが新規開設費用です。内装工事費、家具購入費、インフラ整備費、委託金などです。快適なオフィスにしたいですが、キリがりません。予算とクオリティのバランスが大切です。

オフィスを移転することによるメリット

オフィスを移転するメリットは大まかに分けて3つあります。1つ目は大幅なコストカットができる点です。移転することによって分散されたスペースを集約することでコストカットが可能です。2つ目は従業員のモチベーションを向上させることができます。移転することによって働く場所の雰囲気が変わるのでモチベーションを向上させる事ができる場合があります。社員のモチベーションが向上することによって企業の販売成績が伸びたり、効率的に作業を遂行することが可能になります。3つ目はリクルーティングがとても有利に働くことがある点です。新しいオフィスに移転を始めることによって、リクルーティングがしやすくなるため、幅広い人材の中から選ぶことが出来るので、企業にとって大きなメリットをもたらします。

オフィスを移転するにあたっての事務所の選び方

オフィスの移転を考えた時、まず行わなければならないのがオフィス選びです。一番大切なポイントは、立地や賃貸条件です。企業において立地は大変重要なポイントです。例えば、お客さんに直接販売をする場合は人が多く行き交うところが販売促進の効果があります。また、デスクワークがメインの企業の場合は基本的に人が多く行き交うところではなく、従業員がデスクワークに集中して行うことができるような環境のところが良いです。立地に関しては企業によって異なっているので、企業に適した立地を選択します。次に、契約面積です。契約面積の中で、実際に使用できる面積はがどの程度か把握する必要が生まれます。最後は、保証金や敷金などです。多くのメリットが期待できるオフィスの移転を是非検討してみて下さい。