オフィスを移転すると、お金も手間もかかります。オフィスの移転をする理由はさまざまです。新規の仕事や、事業拡大に伴う理由や、事業縮小という理由もあります。他に今までいた場所でのトラブルや、交通面、働き方など利便性や気持ちや体制を一新するという理由もあります。移転のメリットとは、状況の一新という点です。状況を一新して気持ちが一新することで、働いている人たちの気持ちも上にあがり、モチベーションが上がります。場所や環境は人の気持ちに直結することなので、意外と軽視できないのです。いつまでも小さい場所で小さく仕事をしていると、事業を大きくすることができない場合もあります。もちろん業種によっては、事務所そのものが必要ないという場合もありますが、オフィスを移転するような規模の会社では、やはり場所と気持ちと経営状況はどこか、リンクすることがあるのです。

オフィスの移転のメリットとデメリット

オフィス街と言われる場所の多くは駅の近くに存在します。ただオフィスが全てオフィス街にあるわけではなく、町の中、住宅街にも存在します。多くの人を抱えている企業であれば、駅に近い、公共交通機関に近い場所であることは非常に大切になります。もちろんお客様が来ることが前提である場合は、駐車場を必要とすることが多いのでその限りではないですが、駅から近い場所のオフィスは、従業員、お客様、取引先にとって、信用と利便性という点において、非常に高い評価が得られます。ただ個人宅の引越しとは違い、オフィスの移転には多くの手続きと手間、準備を必要とします。何もかも一新するつもりであっても、過去の顧客データや商品売りあげデータなどは、商売を続ける限り捨てられない資料です。また移転することを多くの方に知らせる必要があります。

オフィスの移転のデメリットを少なくする方法

役所に届ける各種届や、電気ガス、電話などのインフラ、新規に建物を建てるのであれば、場所と建築費、またオフィスを新たに探す場合、面積や駅が近い、静かな場所などの条件、周囲の企業との兼ね合いなど、オフィスの移転には、さまざまな手間がかかります。ただこれらを手助けしてくれる会社も存在します。オフィスの移転先だけでなく、種々様々な手続きの手助けや代行も行ってくれるので、ぜひ頼りにしてほしいです。やはり自分達だけでこれらのことを行うには、知識として限界があります。また時間もかかりますので、プロに頼むことは諸々の手続きをスムーズに行う上で非常に重要なことになります。法律関連には、弁護士や弁理士、司法書士の方々に依頼することと同じことです。メリットとデメリットを天秤にかけ、デメリットが高い場合、それは外部に依頼することで軽減されるのであればメリットが上回ります。

訪問者にインパクトを与えるエントランスの提案をいたします。 総合的なオフィスデザインを通じてクライアント様の業績向上に貢献し、お役に立てるよう尽力することが当社の強みです。 オフィスのフロアデザイン・コンサルティングから、物件探しまで、お客様のニーズに合わせて幅広くお手伝い致します。 オフィスの原状回復工事は1000件以上の実績がございます。 オフィスの移転は一括お任せできるフロンティアコンサルティングへ